審査のカラクリ

学生ローンの審査に疑問を持った自分は、その後徹底的に研究しまくりました。
審査が通った人と通らなかった人、それぞれの材料があるので、両方をよく見比べれば、審査の重要項目が見えてくるのではないかと考えたのです。

[ありがちな思い込み]
学生ローンや消費者金融の審査というと、まず重要なのが仕事と収入、それと他の借金状況。
これぐらいは誰でも想像がつきます。
仕事はおそらく公務員とか一部上場企業なんかが高いランクなのでしょう。
聞いた事もないような零細企業勤務は、評価が低い、これも容易に想像することができます。

しかし、学生ローンの場合は特殊なようで、この常識があてはまりません。
なぜなら、一緒に借りにいった友人と自分のアルバイト先が同じだったからです。
収入もほぼ同じで、少なくともアルバイトが占める重要度は、それほど高くないのでしょう。

[影の重要項目]
友人の申込書と自分の申込書を穴があくほど見た結果、思いもよらぬ事実が浮かび上がってきました。
学生ローンは借りる本人ではなく、バックを見ているのではないか?という疑惑です。
例えば、一般の社会人が利用する消費者金融の場合、借りる本人の居住地(持家か借家か、居住年数など)や、職業ステータス等を見る事は容易に想像がつきます。
学生ローンの場合、これらを比較することはできません。
しかし、申込書事態に家族構成や職業欄がある事自体、おかしいのです。
何の目的もなしにこういった項目を記入させるわけがありません。
とすると、さきほどの一般の社会人に当てはめると整合性がつき、全て納得ができるのです。

なぜ友人は借りられ、自分はダメだったのか、点と線全てが繋がります。

[おことわり]
誤解を招くといけないので、念のため付け加えますが、アルバイトや収入ももちろん審査対象の重要項目と思われます。
このページで取り上げた内容は、あくまでも個人の推測の域でしかありませんことを、ご留意願います。

学生ローンのカレッヂ | 高田馬場の学生ローン専門店
こちらでご紹介する学生ローンのカレッヂは、千円~50万円まで使途自由、実質年率17.0%の学生さん専門ローンの金融商品を扱う会社です。
スマートフォンにも対応し、申し込み後、最短1時間以内で融資が受けられます。
はじめての人はいろいろと不安もあるかと思いますが、カレッヂでは親切に対応してくれますので、申し込みの際にわからない事などは遠慮なく質問して下さい。
尚、申し込むタイミングによっては、振込みが翌営業日となってしまいますので、お急ぎの方はお早目にどうぞ。